powered by google翻訳

求人君

北海道【札幌・旭川・函館・苫小牧・釧路・帯広】のお仕事探しに求人君
最終更新日:2019年12月10日
最終更新日:2019年12月10日
TOP  > KonなんどうでShow!  > 第601話「カッコいい車」

第601話「カッコいい車」

隣りの家の孫である四歳児の健太が、今日も遊びに来ている。
「健太は、大きくなったら消防士になりたいのか?」祖父が訊くと、お気に入りのラジコンの消防車を
操作しながら健太が言った。
「うん、火を消して人を助けるんだ」
「そうか、人の役に立ちたいなんて、いい心掛けだな。健太は偉いな」
「うん、俺は偉いんだ」ちょと自慢気にいう健太。
「危ない仕事だからお金もたくさん貰えるから、カッコ良い車とかも買うし」
「何だお前、車が欲しいのか?」
「うん、カッコいい車」
「そうか、そのカッコいい車には俺も乗せてくれるのか?」
「いいよ、病院行く時に乗せてやるから」
「じゃ、早く免許を取れる様にならんとな」
「メンキョ?って何?」
「免許は運転免許の事だ。車を乗っていいよっていう許可証みたいなもんだ」
「ああ、運転免許か、お母さんも持ってるよ。あれって俺も取れるの?」
「そりゃ取れるさ」
「どうやって取るんだ?」
「自動車学校に行くんだ」
「俺も行きたい!」と興奮する健太。
「いや、お前はまだ行けないんだ。もっと大きくなってからだな」
「そっか、何でも大人になってからじゃないとダメなんだな。まだまだだ」とガッカリした様子の健太。
「そうだ、大人になってからだ。楽しみは後にとっておいた方がいい」と言って笑う祖父。
午後になり、僕は薬を貰いに行くという祖父と、おまけの健太を乗せて病院へ。
車が大きな通りに出ると、健太は目を輝かせながら指をさすと、大声で叫んだ。
「あっ!カッコいい!俺が大人になったら、あの車に爺ちゃんを乗せてやる」
それを聞いた祖父と僕が、顔を見合わせ、大笑いする。
「あれは、お前に乗せて貰うまでもないな。どの道、乗る事になる」祖父は装飾した金色の屋根に、黒塗りの
ボディーの車を見て、少し寂しそうに言った。

エリア
職種
こだわり
雇用形態