求人君

北海道【札幌・旭川・函館・苫小牧・釧路・帯広】のお仕事探しに求人君
最終更新日:2020年11月27日
最終更新日:2020年11月27日
TOP  > KonなんどうでShow!  > 第607話「新元号は?」

第607話「新元号は?」

金曜日のお昼時、いつもの様に出前のラーメンを食べながら山本が言った。
「月曜日は新元号の発表っすね。みんなで予想しませんか?」
「それって宝くじの1等を当てるより難しいぞ」と加藤。
「そうっすね。だから2文字の内、1文字でも当たれば正解ってのはどうっす?」
「それなら当たるかも知れませんね。じゃ、私は永和にします」と女子社員。
「おっ、僕と似てるね。僕は永徳が良いかな?って思ってたんだ」と山本。
「永徳は無いな、古臭い感じで新鮮味が全く無い。俺は明和だな」と羽賀。
「それダメ!頭文字がMじゃないですか、明治と被ってますもん」と女子社員。
「それに明和ってあったはずっすよ。明和の大火ってあったし」と山本。
「そっか、じゃあ清和は?」
「おっ!良いな。清和って、何か爽やかな感じがする」と加藤が気に入った様だ。
「そうですね。羽賀さんにしたら中々良いかも。加藤さんは?」と女子社員。
「それじゃ俺は安和だな」
「山本さん以外は、みんな和が付くんですね。当たったら、ラーメンを奢って貰いましょう」と女子社員。
そして、月曜日のお昼近くに元号が令和に決まった。
「おっ、凄え。山本以外は当たりじゃないか。和が付いてるもん」と羽賀。
「ご馳走様~」と三人が声を揃える中、ガックリと肩を落とす山本。
「でも、羽賀の清和が良かったな。お前、中々センスあるかもよ」と珍しく加藤が羽賀を褒める。
「私も清和って好きだな」と女子社員。
「でも何で清和って思いついたんっすか?」と山本。
「う~ん、ビビっと閃いたっていうかさ、あっ・・・そっか!思い出した。うちの町内会の名前だ!」
「それってパクリじゃないっすか!」と山本が怒る。
「いやいや、たまたま一緒だっただけだ」と羽賀。
「やっぱりな、お前のセンスとはどうも違うって思ってたんだ。羽賀は無しだな。パクリだし」
「え~っ、ラーメン」
「うるさい!」

エリア
職種
こだわり
雇用形態