求人君

北海道【札幌・旭川・函館・苫小牧・釧路・帯広】のお仕事探しに求人君
最終更新日:2020年10月23日
最終更新日:2020年10月23日
TOP  > KonなんどうでShow!  > 第357話「律子さん19」

第357話「律子さん19」

 夕食の後片付けも終わり、お茶を飲みながら主人と二人でソファーに座り、テレビを見る。
今日は面白い番組がやっていない。そんな時、伸びをしながら主人が言った。
「旅行にでも行きたいね」
「休みは取れるの?」何気なく私が聞いた。
「そうだね、月の中ぐらいだったら何とかなるかな」
「じゃ、行きましょうか」
「えっ?休み取れるの?」
「うん、大丈夫よ。どうせなら一週間くらいどっか行って来ようか?」
「え?一週間も?海外行けるじゃん」と妙にハイテンションな主人。
「海外は嫌だな~」と私。
「良いよ国内で。どこ?どこ行きたい?」と、普段口数の少ない主人が珍しく興奮していた。
「貴方はどこに行きたい?」
「僕?そうだな・・・四国なんて良いかな」
「四国?何で四国なのよ」
「讃岐うどんとか・・・」
「とか、って何よ。それに一週間も四国に居るの?」
「じゃあ、九州とかも周ってこようか?」
「別にこれといって行きたい所はないんでしょ?」
「急にだしさ、今はちょっと思いつかないかな」
「じゃ、私が決める事にするわ。二、三日経ったらどこに行くか知らせるわね」
「えっ?そんなに早く?君の行きたい所ってもう決まってるの?」
「これからよ。楽しみに待っててね」と言った私の顔から思わず笑顔がこぼれた。
「あっ、今ニヤッと笑ったね」すかさず主人が私の笑顔を指摘した。完全に何かを疑っている。その辺は私だって手馴れたもので抜かりはない。私は満面の笑みで主人に答えた。
「そりやそうよ。だって嬉しいんだもん。何年ぶりかしらね。貴方と一緒に旅行に行くのって」
「そっか、僕も嬉しいよ。それに、君が楽しい所は僕にとっても楽しい所だろうからね」果たしてそうだろうか?私の行きたい所は既に決まっている。後は主人をどうやって説得するかが悩みの種だ。
説得というよりも騙すって言った方が良いのかも・・・。つづく

エリア
職種
こだわり
雇用形態