求人君

北海道【札幌・旭川・函館・苫小牧・釧路・帯広】のお仕事探しに求人君
最終更新日:2021年03月05日
最終更新日:2021年03月05日
TOP  > KonなんどうでShow!  > 第505話「新年会・後編」

第505話「新年会・後編」

新年会もそろそろ後半。
「ビールはもう無いの?」少し目が座った理想の老人。
ビールが運ばれてから時間が経つと、徐々に様子が変わってきた。静かだった口調が怒声へと変わる。
「おい!ビール!ちまちましてねえで、もっと持って来い!」ここで僕の理想の老人像が木っ端みじんに吹き飛ぶ。八人居たテーブルは、いつの間にか四人に
減っていた。他の席へと避難していたのだ。
「お前はそんなんだから舐められるんだよ。バカタレ」と会長をなじる。さすがに僕も居心地が悪くなって口を挟もうとした時だった。
「おい、いい加減にしろよ」ここで正義の味方が現れた。
おっ、と思って見上げると、さっき鼻の孔を広げて喋っていた爺さんだ。
「何だよ!お前が下らないことぬかすから、こいつがスネちまったんだろ!それを俺が慰めてたんだ!何か文句あんのか!ああ?」
「お前は酒癖が悪すぎるんだよ。少し控えろ!」
そこにまた仲介役が現れた。今度もさっき顔を赤らめて興奮気味で喋ってた爺さんだ。ここで何故か会場の所々で拍手が鳴った。
「まあまあまあ~楽しく飲みましょうよ。ねえ」と二人の間に立って陽気に笑う。
その後も三人入り乱れての口喧嘩が続くが、心配していた殴り合いになる気配がないので、僕は少しほっとするとグラスを持って隣のテーブルへと移動した。
「避難して来たのかい?」と笑う老人。
「大丈夫なんですか?あの人達」ビールを注がれながら僕は三人の方を見た。
「毎年のことだから気にしなくて良いよ。あんた初めてみたいだけど、総会の会長への攻撃も恒例なんだ。黙ってたら誰も発言しないつまらん総会になっちま
うからさ。会長も分かっちゃいるんだよ」三人の方を見ると、いつの間のにか席を移り楽しそうに飲んでいる。
「でも、あの人が酒癖悪いのは本当だよ。来年九十になるのに元気だよね」確か八十だって言ってたが嘘か。
今は町内会の高齢化が著しいとのことだが、参加してみると意外と楽しいものだ。

エリア
職種
こだわり
雇用形態