powered by google翻訳

求人君

北海道【札幌・旭川・函館・苫小牧・釧路・帯広】のお仕事探しに求人君
最終更新日:2020年01月18日
最終更新日:2020年01月18日
TOP  > KonなんどうでShow!  > 第531話「ハーハーすると」

第531話「ハーハーすると」

久し振りに晴れた昼時に窓の外を見て加藤が言った。
「よし、今日は昼休みを少し早目に切り上げて洗車でもすっか」
「雨ばっか降ってたから車もかなり汚れてますもんね」出前のラーメンを食べ終えたばかりの山本が言った。
ギラギラした太陽のもと、山本、羽賀、加藤の三人の洗車部隊が社外に出る。
車からの激しい照り返しに眩しそうな顔で、目を細めながら山本が言った。
「よく見たら、ずいぶん虫が付いてるっすね」
「本当だな。これってなかなか取れないんだよな」と羽賀が言った。
「あら、裏技知らないの?」と意外そうな顔の加藤。
「裏技って虫を取る裏技っすか?」と山本。
「そう、ハーハー息を掛けて擦れば直ぐに落ちるんだ」
「えっ?マジっすか!」と山本が驚くと、早速二人が車にハーハーと息を掛け始めたちょうどその時、加藤にお客さんがやって来た。
「洗車ですか?お取込み中にすいませんね」
「いえ、どうぞ中の方へ」と言って加藤はお客さんと一緒に社内へと入って行ったが、直ぐに戻って来ると、ハーハーしている山本と羽賀に笑いながら言った。
「バーカ、そんなわけないだろう、嘘だよ嘘」と言い残してまた社内へと消えた。
「そうっすよね、そんなバカなこと無いっすよね」
「やられたな、頭がクラクラする」と言って笑う羽賀。
洗車が終わるのとほぼ同時に、お客さんは山本と羽賀にも挨拶をして帰って行った。
社内に入って来た二人に加藤が言った。
「虫は落ちたか?」
「はい、ハーハーして落としました」と羽賀が笑う。
「僕の車に虫取りスプレーがあったんで、それで取れました」と山本。
「まさか信じると思わなかったな、ホント単細胞な奴らだな」と加藤。
「う~ん、どうやら単細胞なのは僕等だけじゃないみたいですよ」社内から窓の外を見ている羽賀が言った。
「ほら、今来たお客さん、乗って来た車にハーハーしてる」

エリア
職種
こだわり
雇用形態