求人君

北海道【札幌・旭川・函館・苫小牧・釧路・帯広】のお仕事探しに求人君
最終更新日:2020年10月19日
最終更新日:2020年10月19日
TOP  > KonなんどうでShow!  > 第549話「律子さん72」

第549話「律子さん72」

お正月休みの最終日。
「何個食べる?」私はオーブンレンジに昼食の豆餅を並べながら主人に訊いた。
「二個かな」と主人。
「あら、そんなもん?」
「正月にゴロゴロしてたから、太ったみたいなんだ」
「そう?気のせいじゃないの?変わらないと思うけど」
「いや、昨日体重を量ったら、ちょっと太ってた。君も気を付けた方が良いよ」
「あら、私も太った?」
「太ったっていうより、何か少しふっくらしてきた様な気がするんだよね」
「それは気のせい、この前量ったら、変わらなかったから、でも私も気を付けないとダメだね。冬は毎朝走れないからさ、運動不足なのは間違いないよね」
私はふっくらと焼き上がった豆餅を主人と私のお皿に、二つづつ乗せた。
「えっ?君も二個?さっき二個食べたよね」と驚いた顔の主人。
「私、豆餅好きだからさ」
「ちょっと多すぎない?」
「何よ!太ってないんだから良いじゃないの!あんた、人の事より自分の事を心配した方がいんじゃないの?エアロバイクでもこぎなさいよ、太ったんだったらさ」と豆餅を食べながら笑う私。
私は春から初冬まで、毎朝欠かさずランニングをしている。道路がツルツルに凍ってしまうこの時期は、怖くて走れないので、去年冬場の運動不足解消の為にとエアロバイクを買った。
勿論、早朝ランニングの清々しさとは比ぶべくもないのだが、それにしてもつまらない。
結局、エアロバイクは一回使っただけで、今は主に主人が使っている。
「私が太ったって?失礼しちゃうわね」と言いながらヘルスメータに乗った。
数字を見て愕然とした。こんな数字ここ久しく見たことがない。
「何よこれ!壊れてるんじゃないの?」私は慌てて明日から会社に穿いて行くスカートに足を通してみた。
「うっそ、きついじゃないの」
私は玄関のドアを開けて路面状況を確認したが、やはり凍ってツルツルだ。
これじゃ走れない。
私はジャージに着替えると、汗だくでエアロバイクをこいでる主人に言った。
「お願い、代わって!

エリア
職種
こだわり
雇用形態