powered by google翻訳

求人君

北海道【札幌・旭川・函館・苫小牧・釧路・帯広】のお仕事探しに求人君
最終更新日:2019年11月14日
最終更新日:2019年11月14日
TOP  > KonなんどうでShow!  > 第625話「いい加減」

第625話「いい加減」

隣りの家の孫である四歳児の健太が遊びに来た。
最近は恐竜図鑑がお気に入りで、放って置いたらいつまでも見ている。
「これはなんていう恐竜?」
まだ字が読めない健太は、祖父に図鑑を見せて訊く。
「う~ん?眼鏡がないとな、どれどれ?あ~これはトロケルドブスとステテコサウルスだな」
「え~前に読んでもらったのと違う」と言って健太は僕の方に図鑑を持って来た。
「これはトリケラトプスとステゴサウルス。爺ちゃんはいい加減だよな」と僕は笑いながら健太を見る。
「爺ちゃんはいい加減だな。源じいと同じだ」源じいとは、健太の実の祖父である隣りの源造さんの事だ。
「眼鏡がないからよ、大体で読んだんだけど違ってたか?それにしたって、とろけるドブスってことはないか」と自分で言って大うけする祖父。
「健太のとこの源じいもいい加減なのか?」僕が訊く。
「うん、いい加減。お母さんが、いい加減な事教えないで!って怒ってるもん」
健太の言葉に祖父と僕はお互いに顔を見合わせる。
「あいつの場合、ちょっとおちゃらけたとこがあるからな、ギャグの場合が多いんだろう」と祖父が笑う。
「うん、分かるわ~昔からそういうところあったよね。物陰からいきなり出て来てワッって脅かしたり、顔は怒ってるけど、冗談言ってみたりね。子供の頃は怖いのか面白いのか、よく分からなかったもん」と僕。
「根はひょうきん者なんだ」
「うん、今は良く分かるよ」
「そうだ健太、チョコ食うか?何だか難しい名前の舶来品だぞ」と祖父が思い出した様に言う。頂き物のマカダミアナッツの事だろう。
「うん食べる」
「昨日、坂田の婆さんがハワイ行ったからって土産を買って来てくれたんだ。ちょっと待ってろよ」と言うと、祖父は仏壇からチョコを持って来て健太に渡した。
「あ~これ知ってる!」
「そうか、そんなに有名なチョコなのか?」
「うん、これ不味いんだよ」
「えっ?不味いのか?」
「うん、だから、またダメダチョコって言うんだ」

エリア
職種
こだわり
雇用形態