求人君

北海道【札幌・旭川・函館・苫小牧・釧路・帯広】のお仕事探しに求人君
最終更新日:2020年09月29日
最終更新日:2020年09月29日
TOP  > KonなんどうでShow!  > 第653話「律子さん90」

第653話「律子さん90」

日曜日の午後、A子がやって来た。時計を見ると約束していた時間通りだった。
「ピッタリすぎない?」
「時間通りにピンポン鳴らすのが気持ち良いんだよね。 それにしても、ここって高台で見晴らしが良くて静かだし、最高の場所だよね」とA子は羨ましそうに話す。
「うん、私も気に入ってるんだ。住むには最高だよ」
「だよね。スーパーも近いし、郵便局もできたんだね」
「えっ?郵便局?」
「ほら、スーパーの近くにできたじゃない」
「そうなの?知らなかった」
「ドラッグストアーもできたし、便利になるよね」
「あんたって、この辺の事、私より詳しいんじゃない?」
「律子が無関心すぎるんだよ。あっ、そうそう、あそこのラーメン屋さんってどうなの?美味しい?」
「ラーメン屋?どこの」
「どこって、そこの信号を曲がった所にあるじゃん」A子は信号機の方角を指差し、身振り手振りで場所の説明をするが、私には全く思い当たらない。
その時、主人が外出先から戻って来た。
「あっ、いらっしゃい」
「おじゃましてま~す」A子が笑顔で頭を下げる。
「あの車、A子ちゃんのだったんだね。いつ来たの?」
「今来たばっかだよ」と私。
「え~今?じゃあ結構迷ったんだね」と主人が驚く。
「何言ってるの。迷うわけないでしょう。もう何回も来てるんだから、ねえ」と私はA子を見て笑う。
「えっ?迷ったんじゃないの?でも、さっき僕が出掛ける時、この辺の道を車でグルグル回ってたから」
A子は、なぜか恥ずかしそうに顔を真っ赤にする。
「まさか迷ったの?何回も来てるのに?」
「うん、私って信じられないぐらい方向音痴で・・・」
「そっか、だからいつも時間通りなんだ。早めに出て何処かで待ってるんでしょ」
「そうなの、ちょっと恥ずかしくて、言えなくて・・」
それから何週間後かの日曜日、母が来て言った。
「今さ、この辺りをグルグル回ってる車がいてさ、気持ち悪いから、ちゃんと戸締りしなさいよ」

エリア
職種
こだわり
雇用形態