雇用形態
勤務地
職種
更新
クリップ君
Home > 必須、就活応援コーナー > 派遣ワークって何なんだ?

派遣ワークって何なんだ?

人材派遣会社ってどんなところ?

派遣元と派遣先

人材派遣会社とは「派遣ワークで稼ぎたい!」という人と、「いい人材が欲しい」という会社を、各々の希望を考えて引き合わせる、いわば仲人さんのような存在です。人材派遣会社に登録が無事完了したら、派遣先の会社を紹介してもらい、そこで働くことになります。 あくまで、派遣ワーカーを雇用しているのは派遣元(人材派遣会社)で、仕事をするのは派遣先の会社ということになります。 お給料が出るのも派遣元からですが、登録しただけでは当然お給料はもらえません。実際に働いている間だけ派遣元に雇われているという形になります。

派遣会社もいろいろ

一口に派遣会社といっても様々です。 社長を含めて2~3人というところから数百人の社員を抱えている大企業もあります。
小さな会社ではほとんどの場合、派遣先から仕事を受注してくる営業の仕事と、スタッフ(派遣ワーカー)に仕事の紹介をする業務を区別なく行っています。仕事の内容から会社の雰囲気まで細かく教えてもらうことができ、トラブルがあったときも相談しやすいという利点があります。
ただし、担当者との相性が悪かったりしても、窓口になる人をこちらから選ぶわけにはいきません。大きい会社の場合だと派遣先の情報は少し事務的になることがありますが、相談する相手を選べ、仕事に関する選択の範囲も広がります。

人材派遣会社ってどんなところ?

  • ●就職先を探してもらえる!
     派遣で働くというのは、「派遣会社にスタッフとして登録して、職場を見つけてもらい、そこで働く」ってこと。
     一度登録をすればあとは電話を待つだけ!

  • ●会社に縛られない!
     たとえば「自由な時間が欲しいから残業したくない」なんて希望で仕事を探してもらうことも出来るし、
     長期で休みがほしいときは登録時にその旨を話しておこう。正社員のようにサービス残業なんてこともないぞ!

  • ●時間が自由!
     「三ヶ月だけ働きたい!」「土日のみの仕事がいい」「週3日位働きたい」なんて事もOK。
     登録の時に自分の希望をしっかりと伝えておけば、自分のペースにあった仕事を紹介してもらえるのだ!

  • ●年齢があまり関係ない!
     就職情報誌を開くと、資格として年齢制限をしている会社がほとんど。
     しかし派遣ワーカーに関しては、会社側は年齢より即戦力を求めている。経験やスキルがあれば、年齢に関係なく重宝されるのだ。